「この僧侶はかかとを着ている」は美しいものです

メイクアップアーティストであり、仏教の僧侶であり、LGBTQの提唱者である西村宏堂は、心からの回想録と自助ガイド「この僧侶はかかとを身に着けている」の中で、「変化がなければ何も変わらない」と書いています。

ほとんどの自助本は、何らかの形でこの格言を支持しています。 それにもかかわらず、西村から来ることは、特に彼自身の自己愛への道からの苦労して得た教訓、出てきて、日本社会で彼自身の条件で生活するという文脈では、盲目的に楽観的ではありません。 代わりに、困難な状況に直面したときに自分の行動に責任を持つことは穏やかな勧めです。

この記事を表示できませんか?

これは、広告ブロックまたはセキュリティソフトウェアとの競合が原因である可能性があります。

追加してください japantimes.co.jpピアノ.io 許可されたサイトのリストに。

これで問題が解決しない場合、またはドメインを許可リストに追加できない場合は、このサポートページを参照してください。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。