今平周吾が全英オープンでアジアンツアー優勝を獲得

今平周吾は、同胞の葛川悠人が日曜日にアジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップダイヤモンドカップで優勝したことによる遅い崩壊の恩恵を受けて、今年後半にセントアンドリュースで開催された第150回全英オープンで場所を確保しました。

茨城県大洗ゴルフ倶楽部での今平のワンストローク勝利は、パンデミックのために2019年9月以来日本で開催されたアジアンツアーの最初のイベントで、オープンジャパンゴルフツアープロの3度目のキャリア出場を確保するのに十分でした。

この記事を表示できませんか?

これは、広告ブロックまたはセキュリティソフトウェアとの競合が原因である可能性があります。

追加してください japantimes.co.jpピアノ.io 許可されたサイトのリストに。

これで問題が解決しない場合、またはドメインを許可リストに追加できない場合は、このサポートページを参照してください。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。